所要時間120分!カンボジアでアクレダ銀行の口座開設を体験してみました【体験レポート第2弾】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※ この記事の最後から、HSBC香港をはじめとする、いま最注目の7大“海外口座”のレポートをご自由にダウンロードできます ※

みなさん、こんにちは。ノベルエラトラベルの笠原です。東南アジアを中心に海外ビジネス視察ツアーの企画をはじめ、格安航空券の手配や入国査証(ビザ)の代行申請など、旅行にまつわるサポートを担当しています。

さて、今回のテーマは「カンボジアでアクレダ銀行の口座を開設する方法」です。つい先日、カンボジアのランドバンキングの視察で、お客様と一緒にプノンペンを訪れました。その際、せっかくの機会なので、ノベルエラが郵送で口座開設をサポートをしているアクレダ銀行(現地では「アシレダ銀行」と発音)の口座開設を体験してきました。

そこで今回は、「所要時間90分!スタンダードチャータード銀行の口座開設を体験してみました【体験レポート】」と同じ切り口で、当日の待ち合わせから口座開設まで、一連の流れをレポートしたいと思います。当日はノベルエラのグループ会社であるUMC(Ubiquitous Mekong Cambodia Co., Ltd)の通訳同行スタッフのサポートのおかげで、所要時間120分弱でスムーズに口座を開設することができました。

アクレダ銀行とは

ACLEDA

本題に入る前に、アクレダ銀行についてご紹介します。

アクレダ銀行は、1993年に国連開発計画(UNDP)と国際労働機関(ILO)による所得向上および雇用創出のためのプロジェクトとして、中小零細企業を支援する非政府組織(NGO)として設立されました。2000年10月に専門銀行に移行し、2003年12月には本格的な商業銀行としての免許を取得しました。2010年からアクレダ銀行はカンボジア最大の銀行として、税引後利益、支店数、ローンポートフォリオ、貯蓄、払込資本金、総資産などすべてにおいてマーケットリーダーの地位を保持しています。2014年5月には、急成長を遂げている企業で構成されるコミュニティ「Global Growth Company」にカンボジアで唯一、アクレダ銀行が選ばれました。「Global Growth Company」は世界60ヶ国以上、360社以上の企業から構成されており、売上高、ビジネスモデル、成長率などを考慮して企業を選出しています。2014年9月、三井住友銀行は、100億円強を投じてアクレダ銀行の株式12.25%を取得し、筆頭株主になりました。

Branch

カンボジア全域に支店を有するアクレダ銀行 出典 http://www.acledabank.com.kh/kh/eng/

主な特徴

  • カンボジアで253拠点、ラオスで41拠点、ミャンマーで 6拠点を持つ、カンボジア最大の民間銀行
  • 高金利の米ドル(USD)建て定期預金が組める
  • VISA付きのデビットカードが発行される

6つのポイント

当日のスケジュール

まず、当日のスケジュールを振り返ってみましょう。今回は、参加者は私を含め6名でした。

10:00AM ホテルのロビーで待ち合わせ
10:10AM アクレダ銀行本店に到着
10:15AM 口座開設、入金、インターネットバンキングのアクティベーション
11:45AM 口座開設完了、精算
12:00PM トゥール・コーク(Toul Kork)でランチ!ランドバンキング視察!

ホテルのロビーで待ち合わせ

当日の集合場所は、プノンペンで宿泊した「Sen Han Hotel」というホテルのロビーでした。ちなみにSen Han Hotelの朝食付き宿泊プランは「45米ドル」とリーゾナブルなホテルでした。

午前10時にUMC(Ubiquitous Mekong Cambodia Co., Ltd)の通訳同行スタッフと待ち合わせをして、車でアクレダ銀行本店に向かいました。首都プノンペンは信号機の数が少なく、市民の交通ルールを守ろうとする意識は低いため、軽い渋滞に合いながら10分ほどで銀行に到着しました。

口座を開設したアクレダ銀行本店(Headquarters)
#61, Preah Monivong Blvd., Sangkat Srah Chork, Khan Daun Penh,
Phnom Penh, Cambodia. P.O. Box: 1149
www.acledabank.com.kh

Branch Address

アクレダ銀行本店は、プノンペンのメインストリート「モニボン通り(Monivong Boulevard)」沿いにある

HQ

増築工事中のアクレダ銀行本店

IMG_5956

メインエントランス

IMG_1900

広々としたロビー

いざ口座開設!

必要書類

カンボジアでの口座開設に必要な書類は、パスポート(原本)だけです。

アクレダ銀行の口座を開設するためには、カンボジアに住所が必要です。ノベルエラの現地サポートなしでは、アクレダ銀行の窓口に行っても口座開設できないのでご注意ください。

①書類に記入

銀行に到着後、専門デスクに案内され、担当の行員の説明を受けながら、口座開設手続きに関する書類に記入していきます。

当日は日本語が少し話せる女性スタッフ2名に対応してもらいました。

すべての書類に記入が終わると、手続きが進められ、口座開設が完了です。VISA付きのデビットカードの発行には、およそ1ヶ月かかるそうです。

ちなみに今回開設したのは米ドル(USD)建ての普通預金口座です。カンボジアの現地通貨は公式にはリエルですが、カンボジアは高度に米ドル化が進んでいる経済なので、米ドルが流通しています。東南アジアでありながら、カンボジアの銀行で米ドル建ての口座を開設することが可能なのです。

②入金

普通預金口座に維持手数料がかからないためには、最低預金残高である「10米ドル」以上預金しておく必要があります。窓口でひとまず「200米ドル」を入金しておきました。

カンボジアでしか記帳できませんが、今回の記念に「3米ドル」を支払い、預金通帳を作成しました。

IMG_8838

アクレダ銀行の預金通帳(Passbook)

③アクティベーション

インターネットバンキングをアクティベーションするためには、カンボジアの電話番号が必要です。UMCの通訳同行スタッフにカンボジアのSIMカードをもらい、携帯電話にセキュリティコードを送ってもらいました。

銀行のPC(古いバージョンのWindowsのOSがインストールされていました)を使い、行員の指示に従い、アクティベート完了です。

小さな鍵の形をしたセキュリティデバイスが渡されました。ちなみに、行員にすすめられて、「ACLEDA Bank Security Token」というアプリをGoogle Playからインストールしておきました。

アクティベーションをしたものの、アクレダ銀行のインターネットバンキングを利用するためには、ブラウザ「Internet Explorer」のバージョン6.0、7.0、または8.0が必要です。なかなかそこまで古いバージョンを動かせるPCはないので、今後の改善を待つことにしましょう。現時点では、担当の行員にメールを送って、アクレダ銀行間の送金や、普通預金口座や定期預金口座の残高や入出金明細を照会を行うことができます。

※2015年6月時点、インターネットバンキングをアクティベーションするためには、カンボジアに渡航が必須です。

IMG_8842

セキュリティデバイス

④精算

インターネットバンキングをアクティベートできたら、口座の設定はすべて完了です。今回のサポート料金をUMCの通訳同行スタッフに「200米ドル」を支払い、領収証を受け取って一通り完了です。

IMG_8845

デビットカードは郵送で送られる

まとめ

今回は、通訳同行スタッフによる口座開設サポートを利用して、カンボジアの最大の民間銀行「アクレダ銀行」の普通預金口座を開設しました。待ち合わせから口座開設、精算までの所要時間は120分弱でした。

良かった点

  • 自分の目でアクレダ銀行本店を見ることができた
  • 担当してくれたスタッフがとても親切だった
  • 口座開設に必要な書類はパスポートだけ
  • 通訳が同行したので、日本語で事足りた
  • インターネットバンキングをアクティベートできた

悪かった点

  • VISA付きのデビットカードの発行に1ヶ月ほどかかる
  • インターネットバンキングをアクティベーションしたものの、「Internet Explorer」でしか動かせない

アクレダ銀行の魅力は何と言っても、東南アジアでありながら、米ドル建ての口座を開設でき、金利の高い定期預金を組め、世界中で使えるVISA付きのデビットカードが持てる、ことです。しかし、インターネットバンキングのシステムが使えないため、アクレダ銀行間の送金や、普通預金口座や定期預金口座の残高や入出金明細を照会を行うには、担当の行員にメールで指示する必要があります。

アクレダ銀行の5年定期の金利は年7.75%と非常に高く、元金と利息を再び定期預金に預け入れれば、たった10年で資産を2倍にすることも難しくありません。アクレダ銀行の定期預金は、預け入れた時の金利が満期日まで適用される固定金利定期預金です。この高金利という好条件の間に、ぜひアクレダ銀行の定期預金をご活用ください。

ノベルエラは郵送での口座開設もサポートしていますが、もしカンボジアに旅行に行く機会があれば、アクレダ銀行の口座開設をしてみてはいかがでしょうか!体験レポートをお読みいただきありがとうございました!

体験レポートシリーズ
所要時間90分!スタンダードチャータード銀行の口座開設を体験してみました【体験レポート】

今すぐ無料ダウンロード!HSBC香港をはじめとする、いま最注目の7大“海外口座”を徹底比較

比較表

HSBC香港をはじめとする、いま最注目の7大“海外口座”の情報を、全12ページに余すことなく詰め込みました。ご興味がある方は、ぜひご自由にダウンロードしてご覧ください。あなたに合った海外口座がきっと見つかります。
今すぐダウンロード

【過去に書いたアクレダ銀行に関する記事】
当面使う予定のないお金は定期預金で増やす!3種類のアクレダ定期預金を徹底検証
※ アクレダ銀行のVisaデビットカードを上手に使いこなす方法
※ なんと20倍超!日本と新興国の銀行の金利差まとめ

メルマガ「ノベルエラのブログでは伝えきれない話」

shutterstock_136375394

登録無料!香港からメールマガジンをお届けします!

海外口座を中心に、すぐに役立つノウハウや最新ニュース、ブログには書ききれない(書けない?)話などをメルマガで配信しています。いつでも配信停止の手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。

Register

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 小菅喜之 より:

    カンボジアのアクレダ銀行で
    ドル建ての定期預金口座を開設したいんですが、
    現地でサポートはいくらかかりますか?
    円で持っていっても可能ですか?

  2. 小菅喜之 より:

    以前も一度コメントした者です
    アクレダ銀行の
    定期預金口座を作りたいのですが、
    現地サポートは200ドルですか?

コメントを残す

*